• map
  • TEL
  • LINE
  • map
  • TEL
  • LINE
  • map
  • TEL
  • LINE

スタッフブログ

悪い所探しがクセになっている人、痛みが改善しないのはそのクセのせいかも?

悪い所探しがクセになっている人、痛みが改善しないのはそのクセのせいかも?

疑問

こんにちは!
東大阪市のここから整骨院グループです(*^^*)

 

皆さん、自分の出来ていない所や悪い所をばかり診ていませんか?

 

この記事は次のような方におススメ
・悪い所ばかり気になってしまう方
 
 

【人の脳は意識しないと・・・】 

   
 
悪いところ
欠けてるところ
足りないところ
  
ばかりに焦点を当ててしまいがち。
  
  
 
 
これは、
痛みや体の不調においても当てはまります。
 
 
 
   
  
初診時に様々な検査をします。
  
 
・筋肉の柔軟性
・関節の可動性
・痛みが誘発される動作
・神経の働き
・見た目(姿勢とか)
  
  
そして、
何回か治療した後に再検査します。
 
  
  
 
再検査をする理由は、
様々あるのですが、
 
 
 
その一つが、
患者さんに、自信を持ってもらうためです。
 
 
 
  
  
 
 
        ??(゜Д゜) ?? 
 
  
  
 
 
 
      再検査するのが自信??
  
  
 
  
  
 
そうなんです。 
 
知ってると得をしますので、
解説しますねっ!! 
 
 
 
 
 
 
 
基本的なこととして、
治療を受けたにも関わらず、
  
 
 
・どうせ治らない
・どうせこんなもの
・やっぱり治らいんだわ
・何も変わらない
 
 
このような、
不安や恐怖や悲しみといった
ネガティブな感情を持つと、
  
脳は症状を強くしたり、
症状を長引かせたり、
新たに症状を作ったりします。
  
  
 
 
・治るかも
・変化してるわ
・徐々に良くなってる
・前よりまし
 
 
このような、
自信や希望といった
ポジティブな感情を持つと、
 
脳は症状を抑えたり、
症状を忘れ去ったり、
治そうと働いてくれます。
 
  
  
 
 
当り前と言えば当たり前なのですが…
 
  
  
  
  
 
問題は、
治療や自身の努力によって、
良くなったところがあるにも関わらず、
  
 
「変わっていない」
「治っていない」
  
 
と、
考えてしまう患者さんがいることです。
  
 
 
    
 
 
良くなったところがあるのに、
変わっていない…治っていない…  
  
 
 
  
 
   
 
  
 
 
 
  
   
 
 
この理由は、
他覚症状を無視して、
自覚症状だけを追いかけているから。  
  
 
 
 
 
患者さんの、
「治った」「治っていない」の基準は、
 
自覚症状だけのことがほとんどです。
 
自覚症状とは、
画像にも数値にもできない、
本人しか分からないもの。
 
「痛い」か「痛くない」かが基準ということです。
   
 
患者さんからみれば、
これは当然です。
 
  
  
 
 
ただ、
他覚症状にも目を向けてほしいのです。
 
他覚症状とは、
検査の状態や見た目のこと。
動かして痛みが出る角度とか、
関節の柔軟性などです。
  
 
 
 
患者さんの多くは、
数回治療を受ければ、
かなりの確率で、
この他覚症状の改善が見られます。
 
 
 
 
ーーーーーーー
【治療院あるある】
  
 
初回時の検査で、
手を挙上すると100度の角度から痛みが出る。
体も硬く柔軟性がない。 
 
 
1ヵ月後、
手を挙上すると160度まで痛みが出ない。
体の柔軟性も向上。
  
  
 
 
先生 ≪よし!良くなってるぞ≫
  『症状はどうですか?マシになってますか?』
 
  
  
  
 
 
 
 
 
 
患者さん「全然変わりません」
 
  
 
  
   
  
  
  
 
  
   エェ━━━━━( ゜Å゜;)━━━━━!!?
 
  
  
  
   
  
  
  
 
検査の状態は、
明らかに良くなってるにも関わらず、
本人は、変わってないと考えているのです。
   
 
【あるある終了】
ーーーーーーーーーーーーー
 
 
これは、
治療者側に責任があり、
基準を教えていないことが原因です。
 
 
 
 
先ほども言いましたように、
患者さんの「治った」「治っていない」は、
「痛みがある・ない」だけで判断されます。
  
 
   
  
さらには、
脳の習性として、
 
良い所より悪い所に焦点を当ててしまうので、
良くなっているところも、スルーしてしまいがち。
 
 
 
 
 
これはもったいない!!
 
 
  
  
 
脳は、自信や希望といった
ポジティブな感情を持つと、
  
症状を抑えたり、
症状を忘れ去ったり、
治ろうと働いてくと言いました。
 
 
 
自覚症状を
改善させるのは当然なのですが、
 
 
 
 
治療によって改善しやすい、
他覚症状にもしっかりを目を向け、
 
  
 
ちょっとの変化、
良いところ、
良くなってるところにも焦点を当てる。
 
 
 
「変わってない」
「同じ」
 
 
「変わってる」
「良くなってる」
「いい感じ(^^)」
  
 
と、
脳に叩き込むことがリハビリには大切です。
 
 
 
 
そういえば、最初に比べて角度が増えましたね。
痛みはありますが、歩くスピードは速まりました。
最初より顔色良くなってます。
症状は残ってますが、力が入るようになりました。 
  
 
 
何でも良いので改善点を見つけて、
自分の脳に言い聞かせるのです。
 
 
 
 
 
 
1ヵ月治療して、
他覚所見さえ改善できない先生は論外ですが、
  
99%の先生は、
何らかの変化を与えることができます。
  
  
 
 
私たち治療者は、
 
「痛み」だけに焦点を当てささないこと、
自信を持ってもらう為にも、
検査を駆使して基準を多く提供し、
その変化を教えていく。
  
  
  
患者さんは、
  
「痛みのある・ない」は最終ゴールとして、
少しでも良くなっている所に焦点を当て、
  
「いい感じ!!」
と思えるところを見つけていく。
  
  
  
 
    
  
こんな感じでしょうか(^^)
 
 
 
 
 
 
脳は意識しないと、
悪いところばかり探してしまいます。
 
 
リハビリにおいても、
充実した人生を歩む上においても、
脳を上手に使いたいですね!!

 

まとめ
・人の脳は悪い所を探しがち
・痛みではなく、他覚症状の変化を診ることが大事
 
 
不調が長引き、お悩みの方はお気軽にご相談ください!
 
 
本記事は厚生労働省認可の国家資格:柔道整復師 東剛士が監修しています

 

ここから整骨院グループ

 

新型コロナウイルス対策

 

【このようなお悩みの方にお越し頂いています】

・腰、肩、首、ひざなどの体の不調
・自律神経の乱れからくる不調
・痛み、コリ、だるさ、しびれなど
・交通事故によるケガの治療

施術メニュー料金

お電話かLINEでお気軽にご相談ください😊

LINEからの予約方法

 

八戸ノ里ここから整骨院
大阪府東大阪市下小坂5-1-16 シャルマンヴァンベール1階
スーパーライフ八戸ノ里店から徒歩1分
アクセス
℡06-6730-7555

 

長瀬ここから整骨院
大阪府東大阪市菱屋西1-23-34
スーパーラッキーの隣
アクセス
℡06-7171-5884

 

ひがし整骨院
大阪府東大阪市岩田町4-16-15
スーパーサンコーの並び
アクセス
℡072-964-5355

お問い合わせ

八戸ノ里ここから整骨院

LINE

住所
大阪府東大阪市下小阪5-1-16
シャルマンヴァンベール1F
アクセス
八戸ノ里駅から徒歩2分

診療時間

長瀬ここから整骨院

LINE

住所
大阪府東大阪市菱屋西1-23-34
メゾン恵比寿1F
アクセス
長瀬駅から徒歩1分

診療時間

ひがし整骨院

LINE

住所
大阪府東大阪市岩田町4-16-15
ルシャンヌ1階
アクセス
近鉄奈良線「若江岩田駅」より徒歩1分

診療時間